成長ホルモン サプリ|成長期だけでなく大人にも必要なホルモンです!

最近、身長を伸ばす効果が期待できるサプリメントが色々と販売され注目を集めています。
そういったサプリの中には、食生活の中で不足する栄養素を補うものの他、成長ホルモンの分泌を促すものもあります。

 

このようなサプリメントを飲むことは身長を伸ばすのに効果があるのでしょうか。

 

サプリ

 

成長ホルモンの分泌を促すサプリメントを飲めば身長が伸びる?

成長期の子供に飲ませたいサプリメントには、「身長を伸ばすために必要な栄養素」や「成長ホルモンの分泌をサポートする成分」が配合されています。

 

 

身長を伸ばすために必要な栄養素

身長を伸ばすためには、こちらで詳しくご紹介しているように、タンパク質・カルシウム・亜鉛・マグネシウムを積極的に摂取し、ビタミンやミネラルなどもバランスよく取り入れることが必要です。

 

理想としては、こうした栄養素を毎日の食生活で摂取していきたいのですが、食事から十分な量を摂取することが難しい場合は、このような栄養素が含まれるサプリメントで補助をするとよいでしょう。

 

 

成長ホルモンをサポートする成分

身長を伸ばすためには成長ホルモンを十分に分泌させることが必要です。

 

故に、成長ホルモンの分泌効果を促進する成分として、アルギニンがこのような身長を伸ばすサプリメントにはよく配合されています。
>>>アルギニン高配合の成長サポートサプリ【Dr.Senobiru】

 

 

アルギニンはアミノ酸(たんぱく質)の一種であり、体内でも合成可能な準必須アミノ酸です。
加齢とともに体内生成量が減少してしまうので、食事等からも積極的に取り入れることが推奨されています。

 

因みに、このアルギニンは、成長ホルモンの合成を促進するので、成長期の子どもの骨や筋肉の成長を促して身長の伸びに作用してくれます

 

アルギニンは体内で合成可能ですが、子どもの体内ではゆっくりと合成されるため不足がちになります。
そのため、肉・魚介類・大豆製品などのタンパク質から積極的に摂取した方がよいとされているのです。

 

しかし、食事だけでアルギニンを必要量摂取しようとすると、かなりの量を食べる必要がある上、高カロリーになってしまうため、サプリメントを活用して効率よく摂取するのがおすすめというわけですね。

 

 

以上から、成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントを飲むことはやはり身長を伸ばす効果が期待できることがわかります。

 

しかし、サプリメントだけに頼らず、骨の発育を支える栄養をバランスよく含んだ食事をすることも大切です。

 

 

また、成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるので、十分な睡眠をとって成長ホルモンの分泌を促すことも大切です。

 

 

もう一つ留意したいのは運動です。
身長を伸ばすための運動としては、器具を使っておこなう筋トレやダッシュなどの無酸素運動がおススメです。

 

筋トレ

 

無酸素運動は基礎代謝量を増やし、筋肉を鍛えることで成長ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

このように、骨が伸びる成長期である思春期終了までの期間に成長ホルモン分泌を促すサプリメントを摂取したり食事に気を配ることは、身長の伸びにつながります。

 

成長ホルモンのサプリは大人も飲む!?

では、一般的に身長を伸ばす効果が期待できると言われている成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントを大人が飲むのはどうでしょうか。

 

身長は男女ともに思春期の終わり(17〜18歳)頃まで伸びると言われています。

 

そもそも身長が伸びるのは骨の両端にある骨端線と呼ばれる軟骨が成長して新しい骨が作られることによるものです。
骨端線に成長ホルモンから分泌された物質が作用して骨の成長を促します。

 

この骨端線は思春期の終わりぐらいの時期には固まってしまい、それ以降は身長の伸びが見られなくなります。

 

よって、大人になってから成長ホルモン分泌を促すサプリメントを飲んでも、残念ながら身長の伸びという効果はあまり期待できないと思われます。
しかし、このようなサプリメントに多く含まれているアルギニンには成長ホルモン分泌促進のほかにも働きがあります
この働きに注目してみましょう。

 

女性

 

このアレルギンは成長ホルモンの分泌促進のほかに性機能改善に効果が高いと言われています。

 

男性不妊や性機能障害にお悩みの方で摂取している方も多くいます。
活力を上げるほかに、血流の改善を促進するので男性の性機能向上に効果が期待されています。

 

男性

 

先にも触れましたが、アルギニンは大人になると体内で必要量が生成されるようになります。
成長ホルモンは身長を伸ばすだけでなく、基礎代謝や免疫力の向上、筋肉疲労の回復、肌を健康に保つ等の働きをサポートします。

 

 

成長ホルモンは加齢とともに減少し、40代では思春期の頃と比べて約半分まで低下すると言われています。

 

40代以降の中年期を過ぎてアルギニンを含むサプリメントを摂取すると、不足している成長ホルモンの働きを補助するので健康維持に役立ちますよ♪

 

女性

 

成長ホルモンを配合したサプリの中には骨を成長させる細胞を活性化させたり、カルシウムとともに骨を強くする効果も期待できます。

 

成長ホルモンを促すサプリメントにはアレルギンのほかにもカルシウムが含まれている場合が多く、骨粗しょう症の対策にもなります。

 

カルシウム以外にも鉄やビタミンDなどが配合されている場合もあるので、食事だけでは不足してしまう栄養素を補う意味で摂取してもよいでしょう。

 

 

 

button

関連記事として、こちらもご参考にお読みくださいませ。

 

身長を伸ばす カルシウム

 

身長を伸ばす マグネシウム

関連ページ

成長ホルモン 食べ物
成長期の子供が十分に身長を伸ばすためには、成長ホルモンのスムーズな分泌が必要不可欠ですが、この成長ホルモンの分泌を促す食べ物ってあるのでしょうか?
成長ホルモン 時間
成長期の子供が身長を伸ばす上で欠かせない成長ホルモンは、寝ている時間帯に多く分泌されるといわれています。「寝る子は育つ」の根拠とは一体どういうことなのでしょうか?
成長ホルモン 睡眠
睡眠時間に最も多く分泌いつされるといわれている成長ホルモンは、眠りの深さに例えられる睡眠の質によって分泌量がどのように変化するのでしょうか?
成長ホルモン 注射
子供に将来低身長が心配されるホルモン異常が見つかった場合、その治療として成長ホルモンの注射が行なわれますが、これにかかる副作用や費用負担はどうなっているのでしょうか?
成長ホルモン 運動
成長期に子供の身長が十分伸びるためには成長ホルモンの分泌が欠かせませんが、その成長ホルモンは運動によって分泌量が増えるのでしょうか?増えるとすれば、それは運動中?それとも運動の後?
成長ホルモン 副作用
低身長症やターナー病など成長ホルモンの分泌不全を治療するために行なわれるホルモン剤の治療や、背が伸びたい人が成長ホルモンの分泌を促すために摂るサプリには副作用はあるのでしょうか?
成長ホルモン ストレス
子供の健やかな成長に欠かせない成長ホルモンの分泌は、ストレスによって阻害されることがわかっています。その仕組みと理由について詳しくご紹介します!
成長ホルモン 空腹
成長期の子供にとって身長を伸ばす上でとても重要な成長ホルモン。その成長ホルモンの分泌量を増やすカギは、睡眠だけでなく空腹時間にもありました!