成長ホルモン 副作用|ホルモン剤の投与やサポートサプリの摂取には副作用がある?

成長ホルモンの投与には副作用が伴う?

低身長のための成長ホルモン治療は、ズバリ、成長ホルモンの投与が行われる治療方法ですが、これは成長ホルモンの分泌量が極端に少なかったり、分泌されない病気、骨に関する病気、染色体異常が原因である病気の場合におこなわれます。

 

成長ホルモン療法が認められている病気は次の通りです。

 

〇成長ホルモン分泌不全性低身長症
〇ターナー症候群
〇軟骨無形成症、軟骨低形成症
〇慢性腎不全性低身長症
〇プラダー・ウィリー症候群

 

医師

 

josei

成長ホルモンの分泌状況等を調べるために成長に関するスクリーニング検査をおこない、成長ホルモン療法が認められると注射による治療を受けることができます。

 

しかし、この成長ホルモン療法はほぼ毎日注射をする必要があるため、副作用を気にされる方も多いようです。

 

やむを得ない治療であるとはいえ、親としては子供の体への副作用が心配ですよね。
この点に関しては、どうなのでしょうか?

 

成長ホルモン注射による治療は治療効果の経過観察及び副作用の有無を確認しつつ、必要な量の成長ホルモンを把握して進められるので、大きな副作用はほとんどありません。

 

しかし、中には体調異変を訴えるような症状が出ることもあるので、そのような場合は速やかに担当主治医の診察を受ける必要があります。
成長ホルモン療法により起こる可能性のある副作用は下記の通りです。

 

 

肌のトラブル

成長ホルモン治療は注射をほぼ毎日繰り返すので、まれに皮膚の赤みやかゆみ、発疹ができる場合があります。
また、同じ場所に何度も注射を繰り返していると、皮下脂肪がへこんでしまうために注射部分の皮膚が部分的にへこむことがあります。

 

このような症状が気になる場合は主治医に相談をし、注射患部に刺激を与えないように留意します。
赤みや発疹の出た部分をかいたり、熱いシャワーやチクチクとした布地の服なども肌への刺激となります。
また、注射は腕だけではなく、お腹、お尻、太ももにも打つことができるので、毎日注射する場所を変えるようにしましょう。

 

 

骨や関節の痛み

成長ホルモン療法を続けていくと、一時的な骨の痛みを感じることがあります。
これは一般的には「成長痛」と呼ばれるもので、骨が成長して伸びる際に感じる痛みであり一過性のものなので心配ありません。

 

が、あまりに長期間痛みが続いたり、股関節に強い痛みを感じる場合は大腿骨頭すべり症や骨端炎などの病気である場合も考えられるので主治医の診察を受けるようにしましょう。

 

 

頭痛や吐き気等

成長ホルモンを投与することによって頭蓋内の圧力が高まって頭痛を感じたり、吐き気を催すことがあります。
これらの症状は長引くものではありませんが、不調を感じた場合は早めに医師の診察を受けてください。

 

症状の出方は人によって違いますが、まれにけいれんを起こしたり、視力低下がみられることもありますので注意が必要です。

 

 

脱力感やむくみ

成長ホルモン治療を進めていくうちに力が入りにくいと感じたり、体の力が抜けたような感覚になることがあります。
また、手足や顔などにむくみの症状が出ることがあります。

 

治療を続けていくうちに気にならなくなることがほとんどですが、生活していく上で支障を感じるような場合は一度受診することをお勧めします。

 

 

肝障害

成長ホルモン注射による治療をしていく中で、ごくまれに肝障害を起こすことがあります。
この肝障害をはじめ、成長ホルモン治療中は体内の各機能に変化がないかどうかメディカルチェックをする必要があります。

 

josei

 

もちろん、成長ホルモン注射を中止すれば、起こっている症状は改善されますが、こうしたチェックを含め医師の指示通りに定期的な検診を受けることは、副作用が発生した場合に早めの対処をおこなうためにも大切ですね。

 

成長ホルモンの分泌を促すサプリにも副作用があるの?

では、直接的なホルモン剤ではなく、サプリメントに関してはどうなのでしょうか?
成長ホルモンの分泌を促すサプリメントも色々と販売されていますが、こちらに関しても副作用の心配はあるのでしょうか。

 

 

成長ホルモン分泌を促すサプリメントには様々な成分が含まれています。
どのような副作用が懸念されるのかを見ていきましょう。

 

サプリメント

 

服用するタイプのサプリメントにはカルシウム、鉄、ビタミンD等を含んだサプリメントと成長ホルモンの分泌を促す成分を含むサプリメントがあります。

 

カルシウムや鉄、ビタミンDは身体の発育に重要な働きをする栄養素であり、本来は食事で必要摂取量を満たすことが理想です。
これらの成分を含むサプリメントは食事で足らない栄養素を補助して成長を助けます。

 

決められた規定量を摂取していれば副作用の心配はまずないと言えます。
ただし、規定量を超えて多量に摂取すると何らかの体調異変を起こす可能性があるので注意しましょう。

 

因みに、成長ホルモン分泌を促す成分として多く配合されているのは「アルギニン」という成分です。

 

アルギニンは数あるアミノ酸のうち、高い成長ホルモン分泌効果があることがわかっています。
また、「リジン」という成分と一緒に摂取すると更なる成長ホルモン分泌効果が期待できます。

 

よって、このアルギニンとリジンは成長ホルモン分泌を促進するサプリメントにはセットで配合されている商品が多くあります。

 

アルギニンは成長ホルモン分泌を促進する効果があり、摂取により成長ホルモンの分泌が促されると疲労回復や免疫力向上、代謝の促進など健康維持にも役立ちます。

 

気になる副作用ですが、規定量を守った通常のサプリメント摂取においては心配はありません。
ただし、過剰摂取をしたり、服用を中止する期間が設けられているのに長期間に渡り摂取した場合などには、副作用が出ることがあります。

 

どういうものかというと、アルギニンは非常に強いアルカリ性であるために、過剰に摂取すると胃にかなりの負担がかかります。
よって、胃の不快感(胃のムカムカ、吐き気、胃痛等)が起こる可能性があります。

 

こうした強いアルカリ性を中和するにはクエン酸が効果的です。
普段から胃が弱い方はアルギニンが配合された成長ホルモン分泌促進サプリを服用する際、一緒にクエン酸を摂取すると胃への刺激を弱めることができます。

 

女性

 

いずれにしても、これらの副作用ともいえる症状は、一度に多量の成長ホルモン剤を吸入したことによるものであり、一時的な症状であるためにすぐ回復します。

 

しかし、医薬品とは異なり比較的安全なサプリメントとはいえ、何らかの効果をもたらす成分を補給するものです。
一日当たりの摂取目安を越えての摂取はやめた方がいいといえますね(#^.^#)。

関連ページ

成長ホルモン サプリ
成長期の子供にとって身長を伸ばす上で重要な役割を担う成長ホルモンは、サプリメントで分泌を促すことができるのでしょうか?
成長ホルモン 食べ物
成長期の子供が十分に身長を伸ばすためには、成長ホルモンのスムーズな分泌が必要不可欠ですが、この成長ホルモンの分泌を促す食べ物ってあるのでしょうか?
成長ホルモン 時間
成長期の子供が身長を伸ばす上で欠かせない成長ホルモンは、寝ている時間帯に多く分泌されるといわれています。「寝る子は育つ」の根拠とは一体どういうことなのでしょうか?
成長ホルモン 睡眠
睡眠時間に最も多く分泌いつされるといわれている成長ホルモンは、眠りの深さに例えられる睡眠の質によって分泌量がどのように変化するのでしょうか?
成長ホルモン 注射
子供に将来低身長が心配されるホルモン異常が見つかった場合、その治療として成長ホルモンの注射が行なわれますが、これにかかる副作用や費用負担はどうなっているのでしょうか?
成長ホルモン 運動
成長期に子供の身長が十分伸びるためには成長ホルモンの分泌が欠かせませんが、その成長ホルモンは運動によって分泌量が増えるのでしょうか?増えるとすれば、それは運動中?それとも運動の後?
成長ホルモン ストレス
子供の健やかな成長に欠かせない成長ホルモンの分泌は、ストレスによって阻害されることがわかっています。その仕組みと理由について詳しくご紹介します!
成長ホルモン 空腹
成長期の子供にとって身長を伸ばす上でとても重要な成長ホルモン。その成長ホルモンの分泌量を増やすカギは、睡眠だけでなく空腹時間にもありました!